続(仮)のままに
趣味の模型製作やその他モロモロ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウェットパレット

仙波堂さんのサイトで気になるレビュー記事を発見。
フィギュア塗装のDVDについてなんですが
水性アクリル塗料の乾燥をふせぐための道具で
『湿式パレット』なる物があるらしい。
DVDを購入すれば良かったのですが気づけば売り切れ(泣)
困ったときには検索ちゃん!
最初、『湿式パレット』で検索をかけたんですが
仙波堂さんのサイトしかヒットせず・・・
ワードを『ウェットパレット』に変えて再検索ちゃん!
意外に沢山の結果が出てきてやれうれし♪
色々なサイトを見てみるとウォーハンマー等のペイントでは
結構メジャーな道具なのかな?
実際の商品も発売されていたのですが
簡単な造りっぽいのでサクッと自作してみました。
ちゅうことで
自作したパレットをご紹介させていただきます~。

ウェットパレット自体の造りは
蓋付の容器にスポンジを敷き詰め水を注ぐ。
スポンジの上にトレーシングペーパーや
クッキングペーパーを敷いてやれば出来上がり♪
ペーパーを上から押さえつけて水分を浸透させる事により
適度な湿度が保たれて塗料の乾燥を防ぐ構造ですね。
ペーパーの耐久性や水分の浸透性がポイントのように感じられたので、
3種類のペーパーを使って簡単に実験もしてみました。
120127003.jpg
蓋付の容器はベーコン保存用と書かれていたタッパーを100円で購入、
スポンジは児童の水彩用として売られていた物。(これは200円位かな?)
できるだけ厚みの無い容器を選んだのですが
あまりにも薄いと蓋を閉じた際に蓋裏に塗料が付いちゃったりも・・・。
(実際やっちゃいましたw)
120127004.jpg
上の画像、
左からクッキングペーパーA社(以下A)、同じくB社(以下B)
トレーシングペーパー(以下C)の3種類。
クッキングペーパーを2種類用意したのは何となくです(笑)
ペーパーの上にファレホ原液を1~2滴乗せ少しの水で薄めて
約50時間経過した状態です。
AB共に塗料はウェットな状態、一部塗料が分離していますが
筆で混ぜてやれば問題なく使用可能。
Cも塗料はウェットな状態ですが、ペーパーに塗料が染み込んでいて
紙自体もフニャフニャになっています。
更に時間が経過すると、どのような変化が現れるかは不明ですが
現時点ではCのトレペは使えないかな?
(トレペ2枚重ねならいけるかも)
ただしABC共通の問題点として、パレット使用中に蓋を開けておくと
ペーパーが乾燥してきてスポンジから浮いてきます。
時々は軽く押さえつけて湿らせる必要がありそうです。
そして最大の疑問としてはスポンジからの水分が
有効に働いているかどうか?です。
私のパレットの使い方は
パレット上で水を加えて調色→筆に含ませた塗料をいつもの煙草空き箱上へ
→更に水分加えて実際に塗装。
調色時以外はパレットに蓋を乗せているので
もしかしたら
蓋を閉じることにより水分の蒸発を防いでいただけなのかもしれません(笑)
作業後半はパレット上で水分を加えてそのまま塗装に入ったりもしたので
その方が有効な使い方なのかもしれません。
何はともあれ、当初の目的である『調色した塗料の保存』には
十分に能力を発揮してくれました。
後はスポンジとペーパーとの密着性を高めるよう
改良を考えてみたいと思います。

ちゅうことで
M51付属の2体を塗り終えました~♪
120127001.jpg
めずらしく眉毛まで描いてみたけど
ちょっと難しいね~。
頑張って塗ったフィギュアを戦車に乗せてみると
こんな感じ
120127002.jpg
ありゃりゃ
上手く塗れた半身の彼は顔しか見えませんがな(笑)

ではでは
最後まで読んでいただき
ありがとうございました~

注記)
今回はファレホで試してみましたが
セラムコートでも問題なく使えると思います。

スポンサーサイト

コメント

お久しぶりです、今年もよろしくお願いします。
ふむふむ、ウエットパレットとはなんぞや?と思ってましたが、そういうことだったんですね 確かに検索したら色々ありますね~

まぁ私は「乾いたらまたちょびちょび出して塗る派」だったんで、必要かどうか?ですが、面白そうなアイテムではありますね
私もそろそろ何か塗らなきゃ(苦笑)
ではでは、その後の報告も楽しみにしています
【2012/01/29 08:11】 URL | @きたきつね #-[ 編集]
@きたきつねさん
ご無沙汰しております~
こちらこそ今年もよろしくお願いいたします。
私も『そのつどチョビ出し派』だったんですが
作業に熱中してくると肝心の時に
アーッ!!ってなるのが嫌で
もっと気楽にできないかな?って感じでした。
もしかしたら
チョビ出しの量が少なすぎだからなのかな?
ではでは
次の例会こそっ!!!
【2012/01/29 13:36】 URL | kurukuru #3/2tU3w2[ 編集]
いろいろと試したんですね。
お疲れ様でした。
思い出したのが、仰っているDVD。
実は持っていました。アララ…。
結構退屈だったりするので、まだ1度しか見ていないのですが確かにありました。
自分でもやってみようと思ってもいました。(笑)
Kurukuruさんのお陰で、やらなくても良くなりました。
有り難う御座います。
今度機会が有れば、お見せしますね。
ちょっと思ったのが、市販品の「ウエットパレット」の、ペーパーだけ買ってみても良いかもしれませんね。
【2012/01/29 13:43】 URL | ガラナ #-[ 編集]
>ガラナさん
まーじーでーすーかっ!
機会があれば是非見せてください!
最近は動画で海外の方の塗装方見る機会があるのですが、
皆さん手が早いんですよね
塗るのに迷いが無いって言うか。
こればっかりは何体も塗って塗って
塗りまくるしかないんですかね、やっぱし。
>ウェットパレットのペーパー
そうそう
私もそうしようかと思ったんですが
負けた気がして(笑)むりくり身近な物で試してます。


【2012/01/29 21:57】 URL | kurukuru #JalddpaA[ 編集]
久しぶりに例のDVDをみたところ、小さなバケットに水を少し入れ、上にキッチンペーパー(タオル?)を置いて浸し、その上にオーブンシート(と言っている)を載せ、下の水分を湿らせて、その上で普通のパレットと同じように使っていました。
市販品の様に、一番下にスポンジは置いていませんでした。
これじゃ長期保存は難しいかなと思うものの、その実顔塗り自体結構短時間で仕上げるから、これで良いのだ!かも。
【2012/01/30 14:54】 URL | ガラナ #-[ 編集]
>ガラナさん
オーブンシートと言われてる物と
私が使ったクッキングペーパーが同じような物だとすると、
その下の水分量の違いなのかな?
あくまで作業時の保水性を高める為の道具と考えると
使い勝手は良さそうですよね。
とすると
保存用にはガラナさんのように
ペットボトルキャップを使った方が
組み合わせはスマートな感じですね。
あくまでも道具なんだけど
こだわってみると色々と面白いですね♪
【2012/01/31 09:59】 URL | kurukuru #3/2tU3w2[ 編集]
考察お疲れ様です!
勉強になりましたー♪
僕も先日ウェットパレットを試してみました。
僕の場合は鋼製のプレートに水を浸し、その上にキッチンペーパー(ティッシュの厚手の様な物)にクッキングシート(オーブンで肉等を焼く際に敷くトレペの様な物)を置いてやってみました!
24時間経過後では少し水を足せば使える状態、48時間後では仰る通りクッキングシートが水面から離れ湿潤な状態を保っていられず塗料も乾燥してしまっていました。
使い方としては乾燥の早いファレホの乾燥遅延の措置として考え、塗料の保存としては難しいのかな??といった印象です!
Kurukuruさんのこういった記事は凄い為になりましたので、また何か良い情報ありましたらご教示下さいー♪
【2012/01/31 10:33】 URL | FuMa #-[ 編集]
しつこくて御免なさい。
ファレホ、リターダーがあるのを御存じですか?
出すと、ゼリー状の瞬接みたいです。
他、タミヤのアクリルリターダーや、画材用リターダーが使えないかと考えていた事はあるのですが、不実行です。(笑)
【2012/01/31 12:17】 URL | ガラナ #-[ 編集]
>FuMaさん
普段は物事を深く考えないのですが
今回めずらしくつっこんでみました(笑)
楽しいことは苦にならないし
自分でも勉強になりましたよ~。
ウェットパレット自体
単純に塗装時の乾燥防止と考えると『使える!』印象ですよね。
こちらこそFuMaさんの情報楽しみにしてますので
またよろしくお願いします♪
【2012/02/01 09:23】 URL | kurukuru #JalddpaA[ 編集]
>ガラナさん
いえいえコメントいただけるだけで
嬉しいですよ~♪
リターダーはうっすらと認識しておりましたが
なんとなく『塗料が薄まっちゃう?』とか
『乾燥早いメリットの方が大きい』ので
少し敬遠してました。
タミヤアクリル用はタミヤアクリルで試したことがあるのですが
筆塗り時にはたしかにメリットあったような気がします。
ファレホ用のリターダー
買ってみようかな・・・(笑)
【2012/02/01 09:31】 URL | kurukuru #z8Ev11P6[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

KURUKURU

Author:KURUKURU

生きてます

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

フリーエリア

なかのひと

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。