続(仮)のままに
趣味の模型製作やその他モロモロ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次、行ってみよ~

SF3Dの頃はジェリー、クレーテ、フレダマと
スーツ系以外も色々と作ったけど
Ma.kになってからは非スーツ系はあんまり作ってないのね。
ちゅうことで
クレーテ作り始めるケロ。
10071801111.jpg
マイオリジナルのクレーテ派生型をこしらえるケロ。
スポンサーサイト

コメント

おひさしぶり~。
どこに書こうか迷ったけど
とりあえずここに書いちゃおう。

ずっと前にkurukuruさんと
フィギュアの顔塗りについて
さっぱり塗った方がリアルだよね。
って話してたじゃない?
あまりにも絵画的な塗りはよけいリアルさを損ねるからって。

でも最近ちょっと考えが変わって
やっぱり顔って情報量がたっぷりなんだと思うんです。
だから、手間暇はかけてやる必要があるんじゃないかと。
ただ、一見あっさりに見える様に
手間暇を掛けてやるのが
実は正解なんじゃないかな?と

これ、自分のとこのブログで書こうかと思ってる内容なんだけど
その前にkurukuruさんの意見を
ちょっと聞きたいなぁと思って書き込んでみたよ。

長文になってゴメンね。
【2010/07/20 15:51】 URL | あに #V8JG6pNI[ 編集]
あにさん おひさしぶり~
色々考えてみたけど
サクッと書けそうもないので
じっくり考えて今晩にでも改めて書いてみますね。
そうそう
あにさんの塗られてる1/35ジオン兵
気持ち悪いくらい生々しいね!
(もちろん褒め言葉だよ)
ではでは
【2010/07/21 15:53】 URL | kurukuru #JalddpaA[ 編集]
あにさんへ
ちょっくら考えてみました。

前に話した『さっぱり塗った方がリアル』ってのは、
僕のイメージでは
『陰影をアッサリ目にしてその他の要素をプラスしていった方がリアルに見える』
っていう感じかな?。
陰影をこってりつけて、全てのディテールを浮き上がらせるように塗るのが、
僕の中では絵画的な塗りでいわゆるヒストリカルフィギュアの塗り方と捉えていて、
上で書いた『その他の要素』は、あにさんもやってるような『青み混ぜた肌色』とか、
陰影以外の情報(色味)ね。
陰影の強弱とその他の要素のバランスで絵画的になるかアル方向になる気がするのね。
その辺をふまえると あにさんが言ってる
『一見あっさりに見える様に手間暇を掛けてやるのが 実は正解なんじゃないかな?』
なるほど確かにそうだよねって思う。
陰影はあっさり目だけど情報量は大量に入っているってのは、
むちゃくちゃ難しそうだけど出来たら凄いよね。

それと思うのは模型的な見栄えとスケールの問題ってのも有ると思うのね。
陰影アッサリ目だとどうしてもしまりが無い様な感じになっちゃって、
ついつい濃い目にいれちゃったりして見栄えいい方向に行きがちだし。
1/20くらいだとそうでも無いけど、1/35や特に1/72なんかのミニスケールフィギュアを塗る時って、
陰影濃い目にした方がイイ感じに見えちゃう。
この辺の問題って影にもスケール感があるのかな?って思う。
極端に言うと店頭のマネキンと1/20のフィギュアの顔の塗り方では
全く違う塗り方するだろうな~って思うのね。
その辺をどう反映すれば良いのかは
難しすぎて分からなくなっちゃうのが正直なところだったり・・・。

あにさんが今塗ってるフィギュアって
僕が見た中ではダントツで人間っぽさが出てると思うよ!
前のザクヘッドの時と比べると塗りが変わってきてるよね。
メカの塗りもそうだけど、あにさんって深く考えて
それを塗りに反映する能力が凄いレベル高いと思う。
僕はけっこう適当で楽しければ良いや的な部分が大きいので
その姿勢に軽くジェラシー感じちゃう(笑)
でも最近は上手くなるには近道は無いんだなって思いはじめてる。
僕も頑張ろう!

ちゅうことで
長々と訳が分からなくなっちゃってゴメンね。
それとざっくばらんに書いちゃったんで失礼なこと書いてたら
またまたゴメンね。
あにさんの記事楽しみにしてまっせ~。
【2010/07/21 22:34】 URL | kurukuru #JalddpaA[ 編集]
>陰影アッサリ目だとどうしてもしまりが無い様な感じになっちゃって、
>ついつい濃い目にいれちゃったりして見栄えいい方向に行きがちだし。
うんうん。あるある。
今回のフィギュアも最初そんな感じで全体がぼけちゃったので
目をあえて濃い色で描いてみました。
>僕が見た中ではダントツで人間っぽさが出てると思うよ!
ありがと♪
kurukuruさんにそい言ってもらえると
自信がでてくるよ。
>僕はけっこう適当で楽しければ良いや的な部分が大きいので
ぼくもそうですよー。
ただ、どこかワンポイントだけでいいから
何か凝ったことをしてやりたいなぁと。
それ以外はとってもてきとーだし、
リアルだけを求めると塗りがつまんなくなっちゃうときがあるから
ときどきタッチを楽しんで塗るようにはしてる。
楽しくなきゃやってる意味ないもんね。
>でも最近は上手くなるには近道は無いんだなって
いやほんとにそうだよねぇ・・・・。
その遠回りが楽しくなると本当はいいんだろうけど。
>それとざっくばらんに書いちゃったんで失礼なこと書いてたら
いやいやぜんぜん。
僕とkurukuruさんの長い仲じゃないですか。
何を今更♪
またときどき長文コメントしちゃうかもだけどそんときはよろしくですっ!
【2010/07/23 09:02】 URL | あに #V8JG6pNI[ 編集]
楽しく塗って
ちょっぴり考えて
気付いたら上手くなってた
ってのがベストだよね。
こちらこそ
またよろしくで~す!
【2010/07/24 15:10】 URL | kurukuru #JalddpaA[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

KURUKURU

Author:KURUKURU

生きてます

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

フリーエリア

なかのひと

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。