続(仮)のままに
趣味の模型製作やその他モロモロ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

fig002

フィギュア塗装ステップ2(肌色)
目の塗装
フラットホワイト+グレイ等で白目塗り(ラッカー系)
ブラック+グリーンorブルーで黒目塗り(ラッカー系orタミヤアクリル)
黒目は多少大きめに塗り 後からシンナー筆で調整した方がやり易い
Ma.k1/20
mg01hitomi.jpg
md01hitomi.jpg
独1/35
3501dhitomi.jpg
1/35は白目無し黒目のみ点付け
md02meme.jpg
黒目塗りにはスミイレ用コピック(0.02)が便利
肌色
タミヤアクリル(以下アクリル)
フレッシュ+ホワイト+レッド少々
溶剤で薄めて下地が透けるくらい薄塗り。
(薄め具合は下の画像参)
3503diro.jpg
Ma.k1/20
mg02hadasita.jpg
md02hadasita.jpg
独1/35
3502dhadasita.jpg
注)隅やくぼみに塗料が溜まらないように
肌の陰影
タミヤエナメルで先の肌色と同じように調色しベースの肌色とする。
+ホワイトでハイライト色
+ブルー+レッド+ブラウンでシャドー色
ハイライト、シャドー共に2段階位の色を調色。
一番暗いシャドー部から塗り始め
エアブラシでつけた陰影をガイドにすると楽。
以下の画像はベタ塗りした状態
Ma.k1/20
mg03kage.jpg
独1/35
3504dkage.jpg
ベタ塗りした境目をシンナー筆で溶かす。
尚、エナメル塗料も薄めに溶いて塗り重ねるが
筆に含ませる量が多すぎると先に塗った箇所が溶け出しやすいので
そのつどティッシュ等で調整。
以下画像は境目溶かした状態
Ma.k1/20
mg04kagenarasi.jpg
一番暗い部分の次に
一段階明るいシャドー部分も同様に
塗り→溶かし。
頬の部分や手の甲、指先
首の後ろとかに肌色+レッドを薄く塗り重ねて赤み出し。
その後ハイライト塗り
シャドー部のように塗り→溶かしはせず
薄い塗料で塗り重ね発色させるイメージ。
鼻筋や頬骨等のラインには
ホワイト+フレッシュ少々位の色をのせる。
あまりに白っぽくなりすぎたら
先の赤み色を薄くのせて微調整。
以下画像は陰影塗装途中
独1/35
3505daka01.jpg
3506daka02.jpg
3507daka03.jpg
以下画像は肌色完成状態
Ma.k1/20
mg05enn.jpg
独1/35
3508dhadakan01.jpg
3509dhadakan02.jpg
この後の衣服塗装もそうですが
一番最初にエアブラシでつけた陰影を最大限に生かし
補助的にシャドーやハイライトを入れていくイメージ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

KURUKURU

Author:KURUKURU

生きてます

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

フリーエリア

なかのひと

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。