続(仮)のままに
趣味の模型製作やその他モロモロ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペイントリベンジ

タミⅣジオラマで塗ったフィギュアが
な~んか気に入らなかったんで
サクッと試し塗りしてみました。
モノはタミヤM40セモベンテに附属のやつ。
m40semo1001.jpg
前回のフィギュアは
ラッカーエアブラシで軽くグラデーションつけ
タミヤエナメルでさらに塗り足してフィニッシュ。
顔部分もエナメルで塗りこんでみたのですが
塗り重ねの塩梅、下地の溶け出し具合がつかめなくて
イメージとおりに塗れずストレスも溜まる一方でした。
正直仕上がりも納得いってなかったのね・・・
クラブの例会で先輩方に色々と相談したところ
エナメル塗料の特性を理解し
塗り方もその特性に合わせた塗り方をするのがポイントとの事。
ちゅうことで試しに塗ってみたのが上の画像。

前回同様、ラッカー系エアブラシで軽くグラデつけて
タミヤエナメルでチマチマ塗ってみました。
肝心の肌部分もエナメルで塗っていたのですが
どうにも上手くいかないのでセラムコートに逃げてしまいました♪
セラムコート(水性アクリル)だと
下地を溶かさず薄く塗り重ねることができるので
何も考えずサクサク進みます。
エナメルの場合、1ヵ所に集中して塗り重ねていくと
あっちゅうまに下地が溶け出してしまいます。
乾燥具合や塗料の薄め具合、まだまだコツがつかめません。
一発で発色させようとはせず
何度か塗り重ねて発色させる塗り方が良いのだろうか?
けど溶剤分が多いとますます下地が溶けやすくなるのでは?
それでも衣服の部分はそれなりにいけた気もするし、
下地のツヤ具合(塗料のノリ)も影響してるのだろうか?
まだまだエナメルは慣れないけど
もう何体か塗ってみたいと思います。
例会でも聞かれたけど『なんでエナメルに拘るのか』
ってのは実は自分でもよく分かっていないのですが、
エナメルで仕上げると何かこう上品なツヤ具合っていうか、
アダルトな仕上がりになるからかな?(笑)
ついでに車両もちょっと塗り足して
M40セモベンテの完成でございました♪
m40semo2002.jpg
さてさて
そろそろHME会内コンに向けて
1/35ガンダムも始めないとあきまへん!
ネタは考えているのでサクサクっといってみましょ~


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

KURUKURU

Author:KURUKURU

生きてます

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

フリーエリア

なかのひと

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。