続(仮)のままに
趣味の模型製作やその他モロモロ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しばらく出かけてきます

田舎の父親が倒れまして
しばらく向こうで暮らしてきます。
完全に回復する見込みは少なく、
残された母親の介護等
色々と考えなくてはならない事が山積みです。
仕事は向こうでも何とか出来るのですが、
趣味関係は封印です。
たぶん色々ときつい事になりそうですが
ちょっくら気合入れてやってきます。

そんなわけで
しばらく更新はストップします。
すんません。

各方面の皆様方
落ち着いたら連絡します。

では








スポンサーサイト

TAKEUCHIくん(その1)

話すと長くなるのでサクッとご説明しますと
僕が毎日見に行ってるブログの1つに
midoujiさんの『mdsp-biog』があります。
midoujiさんはガンプラやマシーネン、AFVからオリジナルフィギュアまで
ガシガシと作られている熱いモデラーさんです。
テクニックやセンスはもちろん素晴らしいのですが
何より僕が感じたのは『この人は何て熱い漢なんじゃ!』
特に粘土の塊からひねり出されるフィギュア達には
もの凄い惹かれるものがあります。
僕自身あんまりフィギュアに詳しくないのですが、
なんちゅうかこう『ムチャクチャ塗ってみてぇ~!』
と思わせる何かが感じられました。(偉そうでスンマセン)
そんなmidoujiさんが最近作られていたのが
TAKEUCHIくんちゅうフィギュアでして、
実在の人物をモデルにしたその姿に一発でやられてしまいました。
そしてあろうことか、
そのフィギュアが無料配布されるって話になってるじゃあ~りませんか!
『欲しい!絶対欲しい!』ほいでもそれまで交流もない僕なんかが
クレクレ言うのも非常に厚かましい話。
なんぼなんでもそりゃ無いよな~と思いつつも
やっぱり欲しい!塗ってみたい!
そしてとうとう欲望に打ち勝てず『くださいメール』を送っちゃったんですね・・・。
全国のmidoujiファンには申し訳ない話なんですが
頂いてしまいました!TAKEUCHIくん!
いやもう最高でございます!ホレボレでございます!
もちろん全力で作らせていただきますっ!
っていうか作ってますw!

takeu0001.jpg
愛くるしいボディ!最高です!
takeu0002.jpg
背中からオケツのライン!たまらんです!
takeu0003.jpg
右腕のポーズを変えさせてもらいました!
すんませんっ!
takeu0004.jpg
あっ落ちた・・・
ちゅうことで
気合い入れてやっちょります!
もちろん○んこは持たせません!
エポパテが余ったんでついつい・・・(笑)
今はどんな武器を持たせるか?
カラーリングはどうしましょ?
そんな楽しいお悩み中でございます。
ほんと
感謝感謝でございます!

大変嬉しゅうございます

もうね
嬉しゅうて嬉しゅうてたまらん出来事が続きまして
本来ならその思いの丈をブログに書きまくりたいのですが
日中体力を使い果たし、僕の体力レベルは限りなくゼロに近い状態・・・
ただでさえ頭の悪い子ちゃんなんでw
この状態で文章を書くととんでもない事になりそうです(笑)
ちゅうことで
詳しくは後日って事で♪
そうそう
皆さまのサイトをリンクさせていただきました!
事後承諾になるかもしれませんが
よろしゅうお願い申し上げます。
2010112101011123.jpg
さあ来い、モンキー野郎ども!

またまた

来週末に東京でマシーネンのお祭りがあるらしいのですが
ここは悲しき北の大地・・・
そう簡単には参加できましぇん。
そうは言っても遠方からでも参加される人達はいるわけで、
遠いから行けないよ~
近かったら参加するのに~
てな言い訳ばかり言ってても始まらないのね。
ただ後ほんの少しの時間と
たっぷりのお金があれば・・・(笑)
うしっ
行けない悔しさをプラモ作って紛らわせるざますっ!


戦車だけどw

2010111801121211.jpg

Ma.kの神様が降りてきて
私に囁きました。
『普通に作るの?』
『アレと組み合わせれば面白いんじゃね?』
『もうすぐ1/35も出るしさ』
『指揮車輌みたいにして並べればカッチョ良いよねぇ』
20101116001111212.jpg
Nooooooooooo!
僕は普通に作りたいのに・・・(笑)

チイサイモノ倶楽部

またまたブルムベアは放置して別の物に手を出してしまいました。
Vision MODELS, の 1/35 BA-64B
WWⅡソ連の小型装甲車でございます。
とりあえず足回りを組み終えてこんな感じ
2010111500111.jpg
サイズ的には先の九四式と同じくらいで
手のひらにスッポリ納まる大きさです。
実車はソ連版ジープGAZのシャーシに
ドイツの装甲車sdkfz221を参考にしたボディを乗っけたモノ。
大きさもまんまジープサイズ。
2010111500112.jpg
(左がソ連版ジープのGAZね)
Vision MODELS,って聞いたことの無いメーカーだと思っていたら
最近出来たメーカーらしいですね。
普段はタミヤとかの組みやすいキットばかりなんで
組みづらかったら放置かのぅ・・・と思っていたら
なかなかどうしてサクサクパチッと組めました。
モールドもばっちりでカチッと決まるけど
ちょっとはめ込みがタイトに感じる所もちらほら。
この辺は普段から東欧や海外製のキットを組みなれた人なら
問題ないかと思います。
ぬるま湯につかっていた僕はw
シャーシに車軸を組み込む際に無理やりはめ込み、
車軸を1本折っちまいましたが・・・(泣)
画像には写ってませんが四隅のフェンダーも
確実に位置決め決まるしサクサクっと完成しそうです。
そうそう
武装は小さい機銃が一丁なんですが
ネットで調べたら対戦車ライフルを載せた車輌もあるらしい!
男の子ならやっぱり強そうな方が好きなんでw
そっちの型で作ってみたいと思います!
先ずはソ連の対戦車ライフルを持っていたか探さんと(笑)
ちゅうことで
仕事が暇だとサクサク進みます・・・


九四式(完成)

ブルムベア仕上げる前にこっちが完成しちゃいましたw
上手く写真が撮れなかったので
とりあえず一枚だけ
201011131212556.jpg
画像で見ると砲塔のあたりがアッサリしてる感じなんで
気が向いたら塗り足そうと思います。
うっし
次、行きましょ~!
って
その前に
ブルムベア・・・(笑)

九四式(その5)

今夜は兵隊さんの塗装。
ラッカー系のフレッシュで下地を塗って、
いつものセラムコートで陰影つけ。
そこから最近はタミヤエナメルで仕上げる方法をとってます。
エナメルで仕上げると上品な感じに仕上がるのね、
気分的にだけどw
20101111011212.jpg
ジャポンの兵隊さんなんで
いつものカラーレシピにイエローを少々プラス、
良い感じの日本人顔になってくれて満足でござる♪
なんちゅうか
日本の戦車やフィギュアを塗ってると
な~んか落ち着きますね~。
零戦や大和とか戦車以外のジャンルは結構人気あるのに、
日本の戦車ってイマイチ人気ないよね。
自分も最近まであまり興味無かったけど
作ってみると新鮮でオモロイのね。
いつもは独や米英の戦車ばかり作っている人も
たまに日本モノ作ってみるのもオススメです。
ではでは



九四式(その4)

週末にチマチマ塗り進め
ウエザリング作業に入ってます。
今回ウエザリングには全て水性系の物を使ってみました。
タミヤのウエザリングマスターを水で溶いた物とか、
極細の絵手紙筆ペンやコピックとか。
(コピックは水性じゃなくてアルコール系でしたっけ?)
もう純粋に水だけで作業できるので
気が向いた時にちょこっと塗ったり
失敗しても水で落とせるし良いことづくし。
コレは楽しいですわ~
と言いつつ
最初に汚しいれる時はかなりびびったけど・・・
せっかく綺麗に塗れた物を汚すのはやっぱ勇気がいるのね(笑)
201011080101010101111.jpg
気分が良いので普段はやらないチッピングまで
チマチマ書き込んでみました。
このペースでいくと次の週末までには完成しそうです!
数年間放置プレイしていたのが嘘のようです(笑)
うひょひょ♪

九四式(その3)

サラッと溶きパテ塗っただけなのに、
もの凄い日本人顔でびっくり!
2010111411211.jpg
日本兵のフィギュアはやはり日本のメーカーって事でしょうか。
これは塗るのが楽しみです!
イメージ的にはこってり塗りこむより、
サラッと塗って仕上げた方が らしい気がする。
何とな~くだけど。

九四式(その2)

モリモリと日本軍熱が高まってきてます!
模型誌の特集を読み漁ったり
ネットで作品を見たり
現在購入可能なキットを調べたり。
何時まで続くか分かりませんがw
流れに身を任せて作り倒そうと思います。
2010110611211031.jpg
今夜は兵隊さんをこさえてみました。
日本軍のフィギュアと言えばファインモールド、
手持ちの帝国陸軍戦車兵セットからチョイス。
直立な姿勢を切った貼った改造し
両腕をエポパテでひねってみました。
軽快に走る車輌を感じさせるように
ちょっとのけぞりぎみにしてみたんだけど、
どうじゃろ?
この辺の改造やポージングのつけ方は
ローガン梅本氏の作られるフィギュアが好きなんですよね。
ジオラマの作例もドラマチックでこれまた大好物。
いっそ『戦車模型低級技術指南』の別冊出てくれたら嬉しいのに(笑)
少なくともオラは買うぞっ!
ちゅうことで
今宵はおやすみなさいませませ~

九四式(その1)+追記

ブルムベアの仕上げ前にまたまた脱線(笑)
ファインモールドの九四式軽装甲車!
とても小さな車輌でジープと同サイズくらいで
手のひらにすっぽり納まる可愛さです。
キット自体、数年前から組立は終わっていたのですが
独特の迷彩に躊躇して放置しておりました。
そして前回の八九式を塗るための練習台になっていただこうと、
棚の奥から引っ張り出してきました~。
そもそも日本軍の迷彩なんて初めてなもんで、
設計図の塗装パターンに塗り絵しながら
チマチマと塗ってみました。
201011120101011.jpg
もの凄く不安にかられる仕上がりです・・・
それから次の日・・・
う~ん、やっぱり変かもw
ちゅうことでちょっと塗り足し。
各色にミドルストーンを少し加えてペタペタ薄塗り。
最後にフラットクリヤー+ミドルストーンでオーバーコート、
全体がなじんできたような
まだまだのような(笑)
201011120202022.jpg
明日になったら見慣れるかな?


八九式(その1)

ブルムベアの仕上げ前にちょっと脱線。
アーマーモデリング付録の八九式でございます。
10110511011.jpg
チマチマ組んで一時間もかかりませんでした。
一部ミスってモールドを削ってしまったのですが、
基本的にはサクサクパチピタと組めちゃいます。
大きな声では言えないのですが
ある方の好意で入手したので、
いざ自分で購入するか?と聞かれたら
組む前なら「う~ん・・・」
組んだ後なら「これ買いかも!」って感じです。
ぶっちゃけ
もう1台買っちゃおうか?と思っているのは
内緒なのだ(笑)



ブルムベア(フィギュア完成♪)

細部や装備品を塗り分けて、
仕上げにアクリルのバフを足元に吹付け
フィギュアの完成です。
今回はいつもの塗りから
もう一歩踏み込んでみたのですが、
上手く塗れているかどうか
自分でも分からんのが悲しいところ(笑)
10110311111.jpg
陰影のベースを白黒で行ない
その上から基本色を薄く塗りこむ方法より、
衣服の色そのものをエアブラシした方が良いかも。
10110311112.jpg
塗っている時は気にならなかったけど
このオッチャン首が短いぞっw
ちと反省・・・
10110311113.jpg
左側から見るのがベストポジションかも。
10110311114.jpg
そんなこんなで
やっとフィギュアが完成。
あとは車輌とフィギュアを載せるベースを探してこないと~♪

ブルムベア(フィギュアその4)

ドイツ兵なんかのフィギュアを塗っていて、
何が一番めんどくさいって、肩や襟についている階級章なのね。
階級によってパターンが違うし
さらに歩兵や戦車兵でも色が違ったりします。
この辺をきちんと塗り分けると一気に見栄えが良くなるのですが、
米粒以下の大きさに細かく描き込むなんて無理っす(笑)
それでも何とかしたいと思っていたら
タミヤからすんばらしい商品が出てたんですね~
1/16、1/35ドイツ兵階級章デカールセット
1011030022.jpg
1/16と1/35用2種類のスケールで複数の階級章が一枚に納められていて、
これ1枚買っておけばしばらくは階級章に困らないでしょう。
定価800円と ちょっと高めですが、コストパフォーマンス的には
十分納得できると思います。
ちゅうことで
早速、今回のフィギュアに貼ってみました~
1011030011.jpg
貼る前に余白部分をカットしておき
デカール軟化剤を使って貼ってみました。
元々のモールドは削っておいてから貼るほうが楽ちんだと思います。
今回、肩章部分を削り忘れてちょっとモッコリしちゃったのね・・・
それとデカールのサイズがタミヤのフィギュアベースと思われますので、
他社のフィギュアに使う際は微調整が必要かと。
非常に小さいデカールなので貼り付け、位置決めには神経を使いますが
このサイズを塗りで描き込む事を考えれば苦にはならないと思います。
難点と言えば今のところドイツ軍しか出ていない事
(他社のデカールやエッチングでは有るのかな?)
それと、こんだけ解像度の高い階級章貼っちゃうと
本体の塗りもそれなりに気合い入れなきゃ無いってこと(笑)
ちゅうことで
もう少し頑張ってみます~

ブルムベア(フィギュアその3)

今夜は衣服の塗装をしてみました。
でかすぎる画像は粗が見えすぎちゃうのでw
小さめでパチっと。
10110201101.jpg
衣服の塗りは難しいっす・・・
イメージする仕上がりに程遠いです。
今までは顔と手さえ塗れていればOKっしょ♪と
サボっていたツケがまわってきました。
ほいでも何とかリカバリーして
納得いくよう仕上げてみたいと思います。
とか何とか言いつつ
あっさり次のを作り始めたりして(笑)

ブルムベア(フィギュアその2)

先日購入したヘッドルーペを使ってみました。
レンズは附属の中で最大倍率の2倍を使用、
使ってみた感想は買ってよかった!
更に言えばもっと早く買えばよかったw
今まで何となくこの辺かな?って筆をおいていたのが、
ここだっ!ちゅう感じで作業が進みます。
103100111.jpg
2倍以上のレンズも使ってみたいけど、
更に大きく見えたからといって
技術は変わらんちゅう意見も・・・(笑)
あと今までも気になってたのが
塗装面がちょっと粗いですね。
表面処理が足らないのか?
セラムコートの薄め具合がまずいのか?
この辺は今後の課題でございます。
とりあえず
今夜は寝ましょ~

プロフィール

KURUKURU

Author:KURUKURU

生きてます

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

フリーエリア

なかのひと

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。