続(仮)のままに
趣味の模型製作やその他モロモロ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mak強化月間(ラプーン02)

ちゅうことで
一日三十分ほどですがチマチマ進んでおります
ラプーン
ラプーン091128
なんちゅうか
無条件にしびれる形です

スポンサーサイト

Mak強化月間(ラプーン01)

遅くなりましたがMa.k強化月間に再突入!
仕事や私事でバタバタしてますが
ガシガシ進めていきたいと思います。
最近色んなサイトで関東展示会の画像を見てますが
皆凄い作品ばかりでムラムラきちゃいますね
うなるようなジオラマがあったり
面白い形のオリジナル作品もあったり
ほんと生で見てみたい
いつかは参加もしてみたい
爺さんになる前に・・・
ちゅうことで
ラプーン
ラプーン091122
フルレジンのキットって
へたなプラキットより全然組みやすいと思ったり♪
ではでは
そろそろ仕事に戻るざます

fig004

フィギュア塗装ステップ4(衣服)
先日の状態から
エナメル塗料にてシャドーとハイライトをいれてみました。
あまりくどくならないよう陰影を抑え目にしたんですが
個人的にもっときつくしてみたい誘惑に・・・(笑)
35d091117001.jpg
35d091117002.jpg
35d091117003.jpg
オマケ
塗りかけのコッチも少し塗り足し。
肌色に生気が無かったので
明るめにしつつ赤味をプラス
35d091117004.jpg

スノースピーダー(その6)

レジンキットのパーツ洗浄しつつ
今日もちょっとだけ塗装。
全体的に色味が暗い気がしたので
エナメルのホワイトでちょこちょこ塗り足し
エアブラシでスス汚れ?を追加してみたり。
ここまでくるとだんだん飽きてくるのでw
そろそろ完成させたいと思います。
sw091115002.jpg
sw091115003.jpg
なんちゅうか
落ち着いた感じになりすぎな気もするので
ポイントとなるチッピングとか書いてみた方が良いかな?
う~ん
泥沼かも(笑)

スノースピーダー(その5)

今日の昼休みはデカール貼り
夕方休みはエナメル&メタルカラーでチマチマ塗り
めっさ楽しい♪
劇的な変化は無いけど(笑)
DSCN1569.jpg
DSCN1570.jpg
DSCN1571.jpg

fig003

(私信)
僕も数店まわってやっと見つけました。
発売は9月末頃だったんですが入手したのは10月中頃でした。
メーカーサイトを見ると11月下旬に再出荷されるらしいです
迷わず3機ゲットですね♪
例会に持って行きますんで見てやってください
コアなファン目線でのつっこみは無しでひとつ(笑)
ちゅうことで
フィギュア塗装ステップ3(衣服)
前々回エアブラシで陰影つけた上から
タミヤアクリルRLMグレイを溶剤でしゃぶしゃぶに薄めて薄く塗り重ね。
(陰影消さないように注意)
さらにその上から今度は
タミヤエナメルRLMグレイ&フィールドグレイを混色し
同じくしゃぶしゃぶに薄めて塗り重ね。
(まだまだ陰影消さないよう)
以下画像は左側がアクリル塗り後
右側がエナメル重ね塗り後
ピンボケ&色調違いですんません
35dfig0911120001.jpg
35dfig0911120002.jpg
35dfig0911120003.jpg
アクリル塗り後の方が陰影付いてて
このままでも良い気もしますが
アクリル特有のガサガサマット感が苦手なのと
アッサリ目仕上げが目標ですので
ここからエナメルでしっとり陰影をつけていきたいと思います。

スノースピーダー(その4)

今日は嬉しいメールが届き
ホッと一安心
またガンバリマス♪
ちゅうことで
息抜きのつもりが
どっぷりはまってしまったようですw
sw0911110001.jpg
むちゃくちゃ地味なカラーリング・・・
木製ブロックが無ければモノクロ画像と言ってもわからんかも
sw0911110004.jpg
識別帯(?)はマスキングして塗装、
ハゲチョロはシリコン剥型剤でチョロチョロリン
機体の色も気に入らなくて2回も塗りなおしたり♪
やっぱ
息抜きサクサクじゃないな・・・
まっ
楽しいからイイノダ~

スノースピーダー(その3)

昼休みにちょっとエポパテひねっていたら
気付けばもう2時!
やばい!仕事に戻ります
sw0911100214201.jpg
勢いで後席ガンナーを負傷させてしまった
すまん・・・

スノースピーダー(その2)

何も考えずに塗り始めましたw
機体色のライトグレイが無かったけど
何の迷いも無くグレイバイオレットにホワイト混ぜて
適当に調合したグレイを吹いた。
めっちゃ楽しい
sw0911090101022.jpg
ここから識別帯塗ったり
塗装の剥がれいれたり
汚しいれたり
まだまだ楽しめそうです。

スノースピーダー(その1)

Ma.k強化月間中ではございますが
ちょっと息抜きにキットをサクサクっと組んでみようと。
モノはファインモールドの1/48スノースピーダー♪
SWに登場するメカやクリーチャーって大好きなんですが
今まで作った事はほとんどありませんでした。
なんちゅうかSWファンってマニアな方が多そうで
ちょっと気軽に作っちゃうと
色々と突っ込まれそうなイメージがあったんですね。
もちろん僕の勝手なイメージなんだけど、
MG誌の連載なんか見てるとあまりに深い世界?で
作るなら資料を見ながらプロップを完全再現しないとアカン!
みたいな・・・
考えるとこれってMa.kと同じ感じなんかな?
『Ma.k=リアルな塗りこみ』ってなイメージが定着しちゃって
違ったテイストで塗ったりするのはご法度みたいな。
(あくまで僕の勝手なイメージなんだけど)
めんどくさい事抜きにして
好きなように作ればイイジャン!
だから僕も好きなようにスノースピーダー作っちゃうもん♪
ちゅうことで
長い前振りしたわりには
サクサクッと組立て終わっちゃいました♪
SW0001.jpg
ちょっと小振りな大きさだけど
メカメカしさがギュっと詰まった感じでカッチョ良いですねぇ~
イイネイイネ~
コックピット内部の塗装を考えて
キャノピーパーツは後付けしようと思っていたら・・・
アラ?アラアラアラ?
付か~ん
SW0002.jpg
後部キャノピーが左右の台形部分に干渉して付けられない!
ヤバイヨヤバイヨ
結局、後部キャノピー下部のガイドx4箇所を削り飛ばし
むりくり後ろからスライドさせれば収まることが判明
なんとかなりそうですばい。
それにしても何でなん?
文句の1つでも言っちゃうかい?
組立て説明書に注意とか書いといてよプンプン!
あっ
書いてた
SW0003.jpg
しっかり取り付け順書いてるし♪
ちゅうことで
良い子の皆はプラモを作るときはしっかり組立て説明書を見ながら作ろうね♪
自由に作るってのは
説明書見ないで作るのとは違うんだね~

Ma.k強化月間(グッカー&ドーラ完成♪)

やっとこ完成しました!グッカー&ドーラ!
長いようであっという間の一月
存分に楽しませていただきました
グッカー
装甲産業廃棄物中隊破壊工作小隊さんのフルレジンキット。
パーツ状態で見たときはボディの合いとか
正直これは手ごわい相手かも?と思いましたが
すり合わせしながら組んでいくとめっちゃカッチョ良い!
プラキットのグスタフ系と比べると大柄なサイズ、
そこかしこに加えられたアレンジ、たまりませんなぁw
キットを持っている方は組まなきゃ損ですよ♪
gend001.jpg
gend002.jpg
gend003.jpg
gend004.jpg
そうそう
ボディ上面のループアンテナは作り変えました。
前のはちょっとごつく感じたので、銅線?まるめてちりっと接着。
繊細な感じになりやって良かった♪
側面アンテナは戦車キットのキャタピラランナーを伸ばして製作、
破損の恐れが無くちょっぴりオススメです。
ドーラ
カステンのプラ+レジンパーツキット。
前にも書きましたが一度は作ってみたかったキット!
レジンパーツの収縮がけっこうありましたが
工作自体はサクサクと進みストレスフリーな良キット。
キットは入手困難な状態ですがグスタフ改造して
自分のも作っちゃおうかな?
dend001.jpg
dend002.jpg
dend003.jpg
dend004.jpg
dend005.jpg
側面アンテナ線があっちゃこっちゃ向いてるのは未接着だからなのね。
やっぱグスタフ系はイイですなぁ~
自分の中のMa.kランキング急上昇中であります♪






Ma.k強化月間(ドーラ008)

Ma.k強化月間続行中
ありがとうございます
思う存分やっちゃいます♪

そろそろドーラも完成に近づいてきました
d0911060202011.jpg
グッカーに比べて単調な感じがしたので
シャドー部に赤紫色をさしてみたり
色の情報量を増やしてみました。
足回りはタミヤのウェザリングマスター&スティックを使用
これって水で延ばしたりできるんで
臭いを気にせずじっくり作業できるんで助かります。
残すはループアンテナ追加工作・レンズ類の塗装ぐらいかな?
もうちょい塗って遊びたい気もしますがw
そろそろ傭兵成分も補充したいところであります♪
ガンバロン

Ma.k強化月間(グッカー008&ドーラ007)

11月に入りましたが
まだまだMa.k強化月間継続中!
予定より遅れがちですみません・・・
グッカー
完成度90%
後はパイピングの塗装や細部のつめ
ラストスパートです!
g0911030101
色の関係や塗り方で
漢らしく荒々しい仕上がりであります
ドーラ
こちらは塗装で紆余曲折あり
ちょっと塗り方がおとなしい感じ?
汚しをどこまで突っ込めるかが課題です
d09110301102
中の人も塗り完了~
(フィギュア塗装については1/35で続ける予定)
d091103022202
そうそう
Ma.kの模型作るときにちょくちょく必要とされる
『細めの黒ケーブル』
SAFSのかかとなんかに使うやつね。
手持ちが無くなったんで探しに行ったんですが
まぁ何処を探しても売ってない。
ホームセンターなんかで売ってるのはちょい太いし、
前に買ったのは今は無き『模型のさかもとさん』。
確かカーモデル用のヤツだったっけ?
何処かで売ってないかちょっと探してみよ~
ちゅうことで
週末までには完成予定で
レッツエンジョイ&スピードモデリングざます♪

fig002

フィギュア塗装ステップ2(肌色)
目の塗装
フラットホワイト+グレイ等で白目塗り(ラッカー系)
ブラック+グリーンorブルーで黒目塗り(ラッカー系orタミヤアクリル)
黒目は多少大きめに塗り 後からシンナー筆で調整した方がやり易い
Ma.k1/20
mg01hitomi.jpg
md01hitomi.jpg
独1/35
3501dhitomi.jpg
1/35は白目無し黒目のみ点付け
md02meme.jpg
黒目塗りにはスミイレ用コピック(0.02)が便利
肌色
タミヤアクリル(以下アクリル)
フレッシュ+ホワイト+レッド少々
溶剤で薄めて下地が透けるくらい薄塗り。
(薄め具合は下の画像参)
3503diro.jpg
Ma.k1/20
mg02hadasita.jpg
md02hadasita.jpg
独1/35
3502dhadasita.jpg
注)隅やくぼみに塗料が溜まらないように
肌の陰影
タミヤエナメルで先の肌色と同じように調色しベースの肌色とする。
+ホワイトでハイライト色
+ブルー+レッド+ブラウンでシャドー色
ハイライト、シャドー共に2段階位の色を調色。
一番暗いシャドー部から塗り始め
エアブラシでつけた陰影をガイドにすると楽。
以下の画像はベタ塗りした状態
Ma.k1/20
mg03kage.jpg
独1/35
3504dkage.jpg
ベタ塗りした境目をシンナー筆で溶かす。
尚、エナメル塗料も薄めに溶いて塗り重ねるが
筆に含ませる量が多すぎると先に塗った箇所が溶け出しやすいので
そのつどティッシュ等で調整。
以下画像は境目溶かした状態
Ma.k1/20
mg04kagenarasi.jpg
一番暗い部分の次に
一段階明るいシャドー部分も同様に
塗り→溶かし。
頬の部分や手の甲、指先
首の後ろとかに肌色+レッドを薄く塗り重ねて赤み出し。
その後ハイライト塗り
シャドー部のように塗り→溶かしはせず
薄い塗料で塗り重ね発色させるイメージ。
鼻筋や頬骨等のラインには
ホワイト+フレッシュ少々位の色をのせる。
あまりに白っぽくなりすぎたら
先の赤み色を薄くのせて微調整。
以下画像は陰影塗装途中
独1/35
3505daka01.jpg
3506daka02.jpg
3507daka03.jpg
以下画像は肌色完成状態
Ma.k1/20
mg05enn.jpg
独1/35
3508dhadakan01.jpg
3509dhadakan02.jpg
この後の衣服塗装もそうですが
一番最初にエアブラシでつけた陰影を最大限に生かし
補助的にシャドーやハイライトを入れていくイメージ

プロフィール

KURUKURU

Author:KURUKURU

生きてます

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

フリーエリア

なかのひと

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。