続(仮)のままに
趣味の模型製作やその他モロモロ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いざ出陣!

組立後4~5年放置してましたが(笑)
いよいよコイツの出番がやってきたようです!
94siki001.jpg
このタイミング逃したら
またしばらく放置しそうなんで
いっちょ塗って完成させねば!
そういえばコイツに載せようと思ってた
フィギュアはどこ行ったっけ?
ん?
あっ
思い出した!
ここにいたのね・・・
kanseiyonn.jpg
どないしょ(笑)
スポンサーサイト

カマカマ

フィギュアをチマチマ塗ってます。
昨日の段階では青白いゾンビ顔
これはマズイと赤味つけたり
眉毛や髭剃り痕つけたら
立派なオネェ顔・・・
髭剃り痕に青味つけすぎたら
カマカマ一直線って分かっちゃいるけど
いつもやってしまう(笑)
オネェ顔から脱出するため
さらに塗っていくと何だか分からなくなってきた。
コテコテ塗りが行き詰ると
最初からアッサリ仕上げにすれば良かったと思う。
それでも納得いくまでチマチマやれば
何かコツがつかめてくるだろうと
今日もチマチマ塗るのであった。
kamakamaka.jpg
カマカマ?

Ma.k成分増量中!

ファルケ製作以来すっかりMa.kから遠ざかっていましたが
そろそろMa.k成分を取り込みたいと思ってます。
とかなんとか言って
ちまたで噂の『fg』内で開催されている
『Ma.k.[fg]展示会』に僕も参加させてもらってます。
(旧作ばかりで申し訳ないのですが・・・)
[fg]ってフィギュアメインだと思っていたのですが
色んなジャンルの作品が多数ありますので
これを機会に皆さんも覗いてみては如何でしょ?
そしてさらに
いつもお世話になっているOMMTさん主催の
『大ファルケ展』が開催されますよぉ~
ドンドンパフッパフッ♪
logofalke.jpg
詳しくはこちらから
みんなでハセガワ製ファルケを作って、ずらっと並べようという企画です。
ハセガワ様への感謝の意を込めて、みんなで力作を並べましょう。
※6月下旬をメドに、大阪にてファルケ展示会を企画しています。
  関西地区のみなさん、できればこちらにも参加頂ければ幸いです。

↑OMMT公式サイトより
web上での展示後、大阪で展示会が開催されるようです。
作品は公開済みのものでもOKらしいので
これは皆さんふるって参加するしかないですよね!
もちろん僕も参加させていただきますよぉ~♪
こうして各所で展示会が開催されてますが
そろそろ北海道でもMa.kテンジカイ見てみたいですよね。
場所や日程、運営上の問題もあるけど
色んな垣根を取っ払って
いつかホッカイドウMa.kテンジカイが開催されることを
切に願う今日このごろでございます。
ちゅうわけで
その日のためにMk.Ⅰを塗装しております
afsmk1002222.jpg
今回は脱ラッカー系
タミヤアクリル&エナメルでどんだけ行けるか実験中。
アクリルワシャワシャ塗りは手ごたえつかんだかと思ったら
あっさり裏切られたりとまだまだ暗中模索状態。
それでもアクリルならではの表現も出来そうなんで
もうちょい塗りこんでいきたいと思います。
ではでは

昔のジオラマ

5年前の北海道AFVの会に参加した時のジオラマ
sm09051201.jpg
今見ると車両の塗装がアッサリ目で
冬季迷彩もおっかなびっくり塗った記憶があります
sm09051202.jpg
これこれ!
ハッチから頭をこそ~っと出してる感が
大好きなのであります♪
sm09051203.jpg
フィギュアは今より丁寧に塗ってるかも・・・
当時発売されたタミヤのシャーマンに付いてきたフィギュアです。
先頭の一人以外はキットのまんま
だったはず?
sm09051204.jpg
このジオラマは最近某所から持ち帰った物なんですが
うちの部屋に置いとくと煙草のヤニで雪が黄色くなっちゃうもので
せめて画像で綺麗な状態で残しておこうと思ったのね。
けしてネタ切れだからじゃないよ(笑)
ではでは
就寝~

ワイルドモデリング

旧キットって間接の位置を変えたり
ボールジョイントなんかに置き換えて
可動範囲を広げてやるだけで
見違えるようにカッチョ良くなりますよね?
賢いお方は市販のポリパーツを組み合わせて
間接を作り組み込んだりしてるわけなんですが、
めんどくさがりで力技好きな僕は
MGキットの間接をそのまま移植する荒技に出てしまいました・・・
100dom0202002.jpg
MG旧ザクの太ももを上部でカット!
旧キットドムの太もももw同じくカットしプラ板で蓋をします。
そしてカットした旧ザク太ももをプラ板上に接着。
そのままでは太ももの段差が大きいので
余ったドムももを加工してペタッ。
股間のパーツも旧ザクのやつね。
お次は足首
100dom0303333.jpg
同じくMGキットのスネフレーム&足首パーツをそのまま移植。
ドム側に受け等の加工するのがめんどくさいので
MGキットの間接を180°まわし
ドムのスネ内部に足首を納めて無理やり瞬間接着剤で固めてしまいました(笑)
(爪先カットしたり微調整してます)
足首側はもっと力技
100dom0404444.jpg
位置決めもアバウトだし接着面も少なく
ワイルドモデリングといえどちょっと心配。
スネ・足首側共に木パテ盛って補強したほうが良さそうです。
この荒技は
MGキットをつぶしてしまうので
勿体無いしスマートな方法ではありません。
それでもたまには頭を空っぽにして
ガシガシっと工作するのも楽しいものです。
特に仕事に疲れた我々オッチャンモデラーには
オススメ!
かもかも?

意外とカッコイイ?

Matさん
そんなに上品な仕上がりでもないです
実物見るとがっかりされると思います(笑)
リンクはこちらこそ宜しくお願いします♪
これからも素敵なコメント楽しみにしております~

ちゅうことで
旧キット1/100ドム
ジャイアントバズーカのパーツ欲しさに購入したキット。
20数年前、初めて買った1/100がコイツだったのね
股関節の軸が緩みやすくて
つねに左右どっちかに傾いてたよなぁ(笑)
懐かしさもあって
試しに仮組みしてみると意外とカッチョ良いことに気付く。
ちょっと気になる箇所に手を加えてみたら
もうたまりません♪
ビバッ80年代♪
100dom001.jpg
ちなみに手を入れた箇所は
1)股関節と足首にMGキットの間接移植
2)肩ちょっとだけ幅つめ八の字カット
3)ヘッド部カットしてちょっとだけ沈み気味に。
定価800円のところ600円で購入したキットなので
失敗を恐れずレザーソーを入れてみました(笑)
後はヘッドをつぶし気味にしてモノアイ十字部分を
気持ち小型化すればさらにカッチョ良さアップしそうだが
あえてこのままが良いかもしれません。
それにしても
この旧キットマイブームはいつまで続くのでしょう(笑)
恐ろしや恐ろしや♪







残念な子

グフ
パイプを付け忘れていたので
あえて錆びたパイプスプリングをつけてみる。
使い古し感の演出と貧乏性の合わせ技!
地球に優しいエコモデリング!
かな?(笑)
ついでに各部にセラムコートのソフトグレイで
識別帯を入れてみる。
乾燥後、爪楊枝でコリコリ剥がし遊び、
これはオモロイ~
アクリルの下地に影響も無かったので
これは今後多用してみましょ~
ちゅうことで本当に完成♪
guf0508001111.jpg

残念な子
調子に乗って2体目のミキシングモデリング♪
これまた旧作の旧ザクにパーツを付け足す方向で行くことに。
先ずはお約束の頭ぺッタンコ作業
ヘッド上下の合わせ部をガリガリ削って
コレぐらいでどやっ?
  ・
  ・
  ・
  ・
 ん?
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
 おや?
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
 あれ?
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
kyuuzaku001.jpg
き、君はダレ?
うちの旧ザクはどこいったん?
っていうかカワウソ?(笑)

今日の格言
『何事もほどほどに・・・』

デケタ

今回はタミヤアクリル、同社ウエザリングスティック
そしてコピックを用いて脱ラッカー系塗装。
いけそうならタミヤアクリルにシフトしてみようかと思ってます。
ベースカラーはデッキタンにフラットブルーをまぜた水色、
オレンジをポイントにさして
暗めのブラウンで軽くウォッシング。
アクリルの特性で塗り重ねのなじみが少なく
色の境目がどぎつく残るので、ベースカラーを上塗りしてなじませてみました。
ホワイトとベースカラーをまぜた色でハイライトペタ塗り
ポイントにドライブラシ。
コピックで色をさしてブレンダーでなじませると
アクリル塗料が溶け出して下地が出てきます。
この特性を生かすと面白い表現が出来そうかも?
忘れてたけど下地はラッカーの暗色塗ってました。
guf0506010101.jpg
ランドセルと謎武器はメタルカラーのアイアンを使用、
ここは脱ラッカー出来ませんでした。
メタルカラーの誘惑にはなかなか打ち勝てません(笑)
guf050602020202.jpg
アイアンにオレンジやブラウンを混ぜポイント塗装、
錆とも焼けとも何ともわからん風に。
ここもラッカー系だ・・・
guf0506030303.jpg
最後に足回りの土汚れ。
タミヤのウエザリングスティックをラフに塗り
水を含ませた筆でこすり落とすようになじませる。
そのままでは単調なんでアクリルのブラウンをちょっと塗り
同じように水でなじませてみました。
文章で書くと手間と時間をかけてるように感じるかもしれませんが
2晩ほど正味4時間くらいでしょうか?
ラッカーに比べて匂いもきつくないので
時間をかけてじっくり塗りこめそうなんですが
アクリルで塗るときって何故かスピード勝負みたいな感じになっちゃいます。
ちゅうことで近藤版風味グフ完成♪
今回初めて異スケールの組合せで作ってみたんですが
やっぱり面白いですね~
調子に乗って流用パーツも確保してきたんで(笑)
いよいよ次はザク作りたいですね♪
ちゅうことで
今夜は就寝~




そろそろ塗りたいねぇ

きっとジャンクボックスを漁れば
軽く数体分はあるのではないでしょうか?
うちのジャンクはAFV系ばかりなんで
スカートに流用できそうなパーツがありません(泣)

ちゅうことで
そろそろ塗装したいので
サクサクっとまとめに入ります。
お約束のコーティングはAM誌のオマケについてきた
『コーティングローラー』を使ってみました。
タミヤ速乾エポパテを2mm径くらいつまんで押し付け、
爪楊枝でざっと伸ばす。
均等な薄さを目指しつつ適当に(笑)
その後はメンタム塗ったローラーでコロコロ転がすだけ!
思った以上に簡単にコーティングが再現できます。
胸の部分にはアクセントつけに紙やすりを貼り付けてます。
現用戦車の砲塔上面なんかに施されている
滑り止めっぽいイメージです。
guf050501.jpg
後姿はこんな感じ。
MGザクF2のスカートが良い塩梅で納まってます。
このパーツだけ数セット欲しいです(笑)
guf050502.jpg
武器はジャンクの組み合わせでデッチアップ。
newケロロロボのパーツと食玩の冷蔵庫をベースに
AFV系パーツでデコレート。
思いっきりヘンテコデカ武器をイメージしたのですが
まだまだ経験不足です・・・
guf050503.jpg
よっしゃ
あとは腰にパイプ這わして
早いとこ塗りに入りましょ♪

禁断の遊び

やばいなぁ
めちゃくちゃ面白いよ~
guf0022221.jpg
夕食後ほんの軽い気持ちでやり始めたら
ほとんど形になっちゃった(笑)
元は組み立て済みで放置していたHGUC1/144のグフ。
肩アーマーと角をいじってたんだけど
塗装もせずコピックの実験台になってた可愛そうな子。
それがこんなに立派になっちゃって。
いやぁほんと面白い遊びです
さっそくMGザクF2のキットがジャンクと化しましたが
流用パーツが増えたと考えれば良いよね(笑)
う~ん
ヤバイ遊びを覚えたかもしれません・・・

血中MS濃度上昇中

おかげさまで06Rは無事間に合いました。
昨晩はいつもながらもの凄い刺激を受けつつ
楽しいひと時を過ごしてきました。
皆さまありがとうございます。
頂いた刺激をそのまま形にしてみました
guf001.jpg
これは面白いなぁ~
あんまりはまりすぎると
スカートパーツがないMGキットの山が出来そうで怖いけど・・・

プロフィール

KURUKURU

Author:KURUKURU

生きてます

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

フリーエリア

なかのひと

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。