続(仮)のままに
趣味の模型製作やその他モロモロ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルムベア(その7)

汚しを入れて、車輌はほぼ完成でございます~
肝心の画像が無くて申し訳ないですが、
残すフィギュアを塗り終えてから、まとめて撮影する予定ざます。
102801011.jpg
土汚れはパステルを粉のまま乗せて、
アクリル溶剤をしみこませ定着させました。
水でやるよりはがれづらい感じです。
リアのパネルまわりはタミヤのウェザリングマスターDセット
オイル色で汚しを描きこんでみました。
この色がまた良い感じのキチャナイ色なんですよね~
実は買ってからあんまり使っていなかったんですがw
油汚れ以外にも使えそうなんで、これからはガシガシ使ってみようと思います。
ウェザリングマスターって、附属のパフ&ブラシですりこんだり
パフパフする使い方が一般的かと思いますが、
僕は湿らせた筆で溶いて塗っています。
水でも溶けますが今回はタミヤのアクリル溶剤を使用。
このやり方だと濃度の調整や塗るのにコントロールしやすくて良いですよ~♪
そうそう
アクリル溶剤を使う場合は下塗りにラッカー塗料を使わないと、
エライ事になりますんで注意してね。
ラッカーで塗っていてもアクリル溶剤を塗って強くこすると
意外とラッカーの塗装面に影響が出ちゃうので注意が必要です。
ちゅうことで
今夜は寝ましょ~
ではでは
スポンサーサイト

ブルムベア(その6)

ここ最近のブログを振り返って見ると、
塗ってる本人ですら違いが分からないような
似たような画像のオンパレード。
せっかく見にきてくれた人も画像をちらっと見て
『まだ進んでないのかこいつ!』
な~んて思われちゃったら寂しいので、
今回は違ったアングルでパチッとな。
10102610001.jpg
今夜の作業はエアブラシで足回りの汚しをブリブリッと。
やり過ぎると単調になっちゃうのは分かっていても
やっぱりやりすぎちゃうのはご愛嬌~
シュルツェン下側が塗れてなかったりするのは
パステルなんかで濃い色を乗せてやろうと思ってるからなのね。
けして塗り忘れたんじゃないからね(笑)
ほいでもって
忘れちゃならないフィギュア。
三度の飯よりフィギュア好き、
カッチョ良いフィギュアを乗せたいために
車輌を作っていると言っても過言ではございません~
1010261002.jpg
トライスターのボディにタミヤⅣ号附属のヘッドをチョイス。
トライスターの平野氏原型フィギュアってちょい小さめなんで、
なかなか合うヘッドが見つからなかったのですが、
ギリギリサイズが合うコイツにしました。
よ~く見るとなかなか良い表情してるしね♪
ちゅうことで
今週末にはなんとか完成できそうです!
早いとこ完成させないと
そろそろ飽きてきたってのは内緒なのだ(笑)







ブルムベア(その5)

1週間ぶりの更新になりますが
その間、重い物持ちすぎて腰を軽くやっちゃったり、
鼻風邪から本格的な風邪ひいちゃったり、
ほいでも子供の学芸会で頑張らなきゃならんかったり、
まあ色々あってブルムベアはボチボチ・・・
10102300111.jpg
装備品塗り分けてから油彩を使ってフィルターかけたり
色々と塗りこんでみました。
あとはカッターの刃先で細かいキズを入れてみたり
細かいところでチマチマと楽しんでます。
10102300222.jpg
ここから汚しを入れつつ
フィギュアも仕上げていこうかと思います。
当初はタミヤのブルムベアだしサクッと作ってお終いの予定だったんですが、
塗り始めると楽しくなって色々と凝りはじめw
タミヤのブルムベアでも意外とカッチョ良いじゃん!
って思われるように頑張っちゃおうかな~って♪
ほいでも工作はサクサクお気軽にやっちゃったもんで
何箇所か突き出しピンの跡が残ってたりするのね・・・
まぁその辺は見なかったことにして
先ずは完成めざしていきましょ~

ブルムベア(その4)

筆でウネウネと下書きした後
エアブラシで迷彩塗装。
1010160011.jpg
ん~
何か微妙な仕上がり・・・
迷彩のパターンがちょっと細かすぎたかな?
色味ももうちょい明るくしたいな~
な~んて言ってても明日になれば見慣れて
意外とイインデナイ?ってなりそう。
そんなアバウトな自分が
ちょっと好き(笑)

ブルムベア(その3)

私信)
ぬうぉぉぉっ!やはりそうなんですね。
おめでとうございます!
何かこうピピッときちゃいました(笑)
こちらこそ、これからもよろしくです♪

ちゅうことで
なかなか完成しないブルムベア(笑)
地味にシュルツェン(車体両サイドの装甲版)を作り変えて、
やっと塗装に入りました~
101013001.jpg
筆塗りでいこうかとも思いましたが
先ずは下塗りだしサクサクっと缶スプレーで塗っちゃいました。
ブラウン系で全体を塗った後にダークイエローをスプレー、
ザックリとグラデーションがついた状態です。
単色も楽で良いけど迷彩かけたいお年頃w
どんなパターンで塗ろうか?楽しい悩みでございます。
そうそう
組立開始から気付いていたけど
気付かないふりしていたキャタピラ。
このキット附属のキャタピラって接着も塗装もきかないのね。
気合いの入った戦車モデラーなら迷わずカステンなんかの
別売りキャタに変えるところなんですが、
こちとら年季の入ったユルユルモデラー!
そう簡単にはカステンなんて使えません(笑)
けっこうイイ値段するしね♪
そういえばドラゴンからベルト式のⅣ号用キャタが出てたよな~と
うっすらとした記憶を頼りに模型屋めぐり。
もちろんそう簡単にお目当てのブツは無し・・・
どうすっかのぅ~と悩んでいると
ピロリロリ~ン!とナイスアイディアが!
タミヤのリニューアル版のⅣ号系買えば良いんじゃない?
それなら接着&塗装できるキャタ付いてるし、パーツ請求使えば作り放題じゃん!
オラって天才じゃん!ウホウホッ!
101013002.jpg
鼻息も荒くⅣ号J型とヴィルベルヴィントをご購入~
組立図を見ると数百円でキャタピラ買えるし
まっこと良い買い物したのぅ~
ウホウホッ♪
ウホッ?
ウッ?
ホッ?


何か間違ってる気がするw

プロフィール

KURUKURU

Author:KURUKURU

生きてます

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

フリーエリア

なかのひと

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。