続(仮)のままに
趣味の模型製作やその他モロモロ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛んでます

すっかり月一ペースの更新になってしまいました。
今更感たっぷりですが
あけましておめでとうございます(笑)
久しぶりの自宅生活も徐々に馴染んできたような、
いまだに余所の家にいるような
なんとも地に脚が着かない微妙な状態。
僕の居場所は何所なんだ?
自分探しの旅にでも出かけようか・・・(笑)
さてさて
年末年始は軽く仕事しつつ
ちまちま模型もいじってました。
2014011700111.jpg
飛行機づくしです。
PMモデルの1/72ホルテンをいじって
オリジナル架空無人機をこさえたり。
無人機つながりでプラッツ1/72グローバルホークを作り、
その翼幅にびびったり(笑)。
なぜか嫁さんが欲しい!作る!と言った
ハセガワ1/200ボーイング787を
簡単お手軽仕上げで進めたり。
飛行機まみれの2014年の始まりでした~。
スポンサーサイト

2013 お初(その2)

ヴァンシップに付いてきたヴェスパも完成~♪
van0022.jpg
赤いラッパを鳴らしながら
ヴァンシップを誘導する小型機のイメージ。
van0033.jpg
ちっさいけどチマチマいじってみました。
いじってみたって言うより
ファンヒーターでパーツをとろけさせてしまったから
仕方なくいじりましたw
ちゅうことで
次 行ってみよ~

2013 お初

またまた気づけば お正月
すっかり月記と化しております。
昨年は色々とあり模型テンションが下がり気味でしたが、
今年も悩ましい事案がございまして
以前ほどサクサクと作りまくる事は難しいとは思いますが
ぼちぼちとやっていきたいと思います。
ちゅうことで
今年一発目の完成でございます~♪
ハセガワ 1/72 VANSHIP
van0001.jpg
アレがアレなので買わんつもりでしたが
形の面白さに負けて買うてしまいました。
主に1/35ミリタリー系のパーツを加えて
少~しオラ風味を出してみました。
イメージはロシア風。
van0002.jpg
パイロットは毎度お世話になっている
レベル1/72英パイロットセットから。
デカールはキシさん作『P-sheet GT』からチョイス。
なまらいかしたデカールでございます!
この1枚でご飯3杯はいけます!
貼るだけで男前度200%アップです!
ちゅうことで
2013 初の完成品でした~♪

Mig-17(完成!?)

勢いと思いつきだけで作る飛行機シリーズ4機目、
ハセガワ 1/72 Mig-17 が完成しちゃってます(笑)
mig17001.jpg
Mig-21と2機セットのコンボキット、
元はかな~り古いキットと思われますが
組立て上 特に問題も無く
サクサクっとストレート組みで2weekで完成。
mig17002.jpg
今回は忘れず機首にオモリを仕込んだので
尻餅もつかず、振ってもカラカラ鳴りません(笑)
mig17003.jpg
塗装はオールラッカー系にて。
デカール貼り後の半ツヤコートのみエアブラシを使用、
それ以外はオール筆塗りでペタペタと。
パネルラインは凸モールド、
薄めたブラックをラインに沿ってさっと塗ってみました。
mig17004.jpg
キット付属のパイロットはモールドがもっさりしてますが、
気にせず首の向きだけ変えて使用。
東独パイロットの服装は分からんのですが
とりあえずメットを白、スーツはオリーブグリーン系で塗っておけば
それらしく見えるはず・・・(笑)
キャノピーフレームの塗り分けはガラス面をマスキング後、
おもむろに筆でペタペタと塗ってます。
濃い目の塗料で塗れば意外と大丈夫でしたw
mig17005.jpg
ここまで古いキットを作り倒してきましたが、
新しめのキットが嫌い!って訳ではございません。
(高くてそうそう買えんって事はあるけど・・・w)
飛行機に関しての知識がほとんど無く
なんとなく面白そうだから作ってみたい!と思った時に
ちょい古めのキットはパーツ数も少なく
サクサク作れちゃうから好きなんですよね。
もちろん組立て安さや考証に関しては
最新のキットに軍配が上がると思うのですが、
ガンプラとかで昔のモナカキットを間接位置だけいじって楽しむ!
みたいなノリで古いスケールモデルを楽しむのもアリなんじゃないかな?
そんな感じでございます。

ちゅうことで
そろそろAFVやマシーネンを作りたくなるかと思いきや
飛行機はなんぼ作っても飽きないので
飽きるまで作ってみたいと思います。
ではでは~

F6F5 HELLCAT(完成!)

何となく勢いだけで作る飛行機シリーズ?3機目
イタレリ 1/72 F6F5 HELLCAT 完成しました~♪
hcat101.jpg
下から支えるスタンドは田宮72X-1に付属の物。
シャープな形状でイイ感じなんですが
支柱が細くて常にユラユラ、撮影しづらかったり・・・(笑)
hcat102.jpg
太いボディにゴツイ主翼。
繊細さのかけらも無いけど
それがまた魅力的だったりもします。
hcat103.jpg
主翼の機銃は作り変えてみましたが
微妙にあっちゃこっちゃ向いてしまって少し反省。
hcat104.jpg
各部にシルバーでチッピング、排気の退色&煤汚れをしてみました。
何度やっても汚し塗装は上手くなりません(泣)
そういえばAFV系も汚しは苦手だったり・・・。
hcat105.jpg
脚は離陸時の格納途中の状態にしてみました。
『90°回りながら収納される』という一文をどこかで見た記憶だけを頼りに
適当な位置でカットしひねって接着。
今回の自分的目玉だったり(笑)
もう一点、今回自分なりにこだわってみたのは『ツヤのコントロール』。
Mr.カラーのグロスシーブルーは名前の通りツヤありでございます。
塗りあがった機体はつやつやのテカテカ、
デカールを貼った後にフラットベースなめらかスムースをエアブラシで噴き
全体をマットな状態に仕上げます。
そこからクリアーを薄く溶き筆で塗っていったのですが、
全面をペタペタ塗っちゃうと面白くないので
パネルラインの間やハイライトにあたる部分を重点的に
クリアーを塗り重ねていきます。
逆に影になる部分や材質が違うと思われる部分は
1回塗りだけに押えたり、全く塗らなかったり、
何ていうか『ツヤのグラデーション』をつけるって感じ?。
どんな意味や効果があるのかは理解しきっていないのですがw
ツヤのコントロールによって
本物(リアル)に見える効果と
模型的色っぽさの演出が出せるんじゃないかと思っています。
実はデカール貼り後のコートが予想以上につや消しになっちゃって、
もう一回エアブラシ出すのがめんどくさかったのが始まり・・・
って事は秘密にしておこう(笑)
ちゅうことで
次は何を作りましょ~♪



プロフィール

KURUKURU

Author:KURUKURU

生きてます

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

フリーエリア

なかのひと

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。